エアクリーナーちゃんと交換してますか?エンジンによくないですよ。

車のエアクリーナー、ちゃんと定期的に交換してますか?エアコンのフィルターと同じで定期的に交換しないとエンジン本体にもあまりよくないんです。今回はエアクリーナーの種類やメンテナンス方法、交換時期などを詳しくお話ししていきたいと思います。

エアクリーナーって何?

ではまず車に詳しくない方はエアクリーナーを交換しましょうと言われてもそもそもエアクリーナーが何なのかわからないと思います。

なのでまずはエアクリーナーが何なのか見ていきましょう。

エアクリーナー 交換 場所

まずエアクリーナーの場所ですが、エンジンルームの中にあります。車によって多少場所は異なりますが、エンジン本体があってその左右どちらか、もしくは前側にある事が多いと思います。

社外のエアクリーナーに交換していない場合は画像のようにエアクリーナーボックスがありますのでエアクリーナーボックスの中にあるエアクリーナーを交換する事になります。

エアクリーナー 交換

純正のエアクリーナーを交換する場合カー用品店にもこのようなフィルターがうっていますので、クリーナーボックスの中にあるエアクリーナーを交換すればいいだけです。

エアクリーナーの機能はエンジンは空気とガソリンを混合して燃焼させています。

という事はエンジンにも空気を送らなければいけません。

その為にエアクリーナーから空気を吸い込んでいますが空気をダイレクトに吸い込んでしまうとエンジンが空気と一緒にゴミなども吸い込んでしまう場合があります。

そのゴミをエアクリーナーでしっかり取り除いてあげる事がエアクリーナーの役割です。

エアクリーナー 交換

エアクリーナーを交換しないとどうなる?

ではエアクリーナーを交換せずに同じ物を使い続けた場合どうなるのでしょうか?

エアクリーナー 交換

よっぽどの事がない限りエアクリーナーを交換しなかったからといってエンジンが壊れるなどの事はないと思いますが。燃費も悪くなりますし、エンジンの出力も低下します。

エアコンのフィルターも長く使い続けているとあまりよくないのと同じ事がエアクリーナーにも言えます。

エアクリーナーもフィルターですので長く使えば使うほどゴミを多くキャッチします。

交換しなければ目詰まり状態になりますので、満足に空気を吸い込む事ができなくなります。

そのためエンジンの出力の低下や燃費の悪化などにつながります。

人間で例えると鼻づまりの状態で激しい運動をするのと同じ事ですね。

エアクリーナー 比較

交換するときはどんなエアクリーナーを選べばいいの?

自分の車がエアクリーナーを長い事交換していなくて今交換しようと思った方もいると思います。

ですがエアクリーナーも車のマフラーと同じように種類があります。エアクリーナーという言葉を初めて聞いた方はカー用品店に行ってもどのエアクリーナーに交換したらいいかわからないと思います。

ではエアクリーナーを交換する前にどんな種類のエアクリーナーがあるのか見てみましょう。

エアクリーナー 交換 純正交換タイプ

まずは一般的な純正交換タイプの物です。

メーカーなどは様々なところから出ていますので、自分の好きなところでもいいと思います。

純正交換タイプは先ほど説明したエアクリーナボックスにあるフィルターを交換するタイプの物になります。

クリーナーボックスをあけてフィルターを交換するだけなので非常に簡単ですし一番安いです。

特に車をチューニングされていない方はこの純正交換タイプのもので十分でしょう。

エアクリーナー 交換 剥き出しタイプ

純正の物よりよりたくさんの空気を吸い込むように設計されたのが剥き出しタイプのエアクリーナーです。

こちらに交換する場合はエアクリーナーボックスを取り外して交換する必要があります。

そこまで交換するのに技術は必要ありませんが物によってはインテーク側のパイピングまで交換するものもありますので純正交換タイプより手間がかかります。

エアクリーナー 交換

エアクリーナーの交換時期は?

エアクリーナー自体はエンジンオイルのようにそこまで頻繁に交換する必要はありませんが、交換時期として目安はありますので確認しておきましょう。

エアクリーナー 交換時期

大体の目安として10000キロ〜20000キロという目安がありますがこれは日常的にどんな場所を走っているかによってかわってきます。

極端な例をあげると砂漠のような砂埃がたくさんあるところを走り続けるのと、草原を走るのでは汚れ方は当然違います。

なので普段ホコリっぽいところを走っている方はもう少し交換サイクルは早めの方がいいでしょう。

エアクリーナー 交換 まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はエアクリーナーの交換についてお話ししてきました。

エアクリーナーはたくさん種類がありますし、物によっては洗浄してまた再使用できる物もありますので、色々調べてみるといいかもしれませんね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ