プッシュスタートは、キーイグニッションから変更できるのか。

キーイグニッション車に今流行りのプッシュスタートを後付けすることは可能なのでしょうか。可能であればプッシュスタートの後付けの費用はどれくらいかかるのでしょうか。プッシュスタートの種類は豊富に発売されているのでしょうか。調べてみました。

プッシュスタートボタンを後付けできるのでしょうか。

プッシュスタートボタンを後付けすることは可能なのでしょうか。

プッシュスタートボタンを後付けすることは可能です。イグニッションキーであってもスイッチ部の配線を加工すればプッシュスタートボタンの後付けに変更できます。またプッシュスタートボタンが最初から備わっている車のプッシュスタートボタンのみを後付け変更することもできます。

プッシュスタートボタンを後付けする場合、イグニッションキーをONの位置まで回してプッシュスタートボタンを押すことになるので少し面倒かも知れません。但しインテリアでプッシュスタートボタンが後付けされていると、同車種のユーザーが『え?』と思うでしょうね。また同乗者もびっくりするかも知れません。後付けできるのかと驚かれること間違いありません。

プッシュスタートボタンは、便利にエンジンをスタートできます。イグニッションキーならではの手に伝わる何とも言えない振動が、たまらないと言う方もいらっしゃると思います。ハンドルのイグニッションキー付近を後付けにより傷つけることもありません。またプッシュスタートボタンを後付けできることを知らない方も多いと思われます。

プッシュスタートボタンは、バイクには昔からありましたが、車はここ15年程で広がっています。盗難対策にも一役買っています。イグニッションキー車は、直結されると車ごと盗まれてしまいますが、その心配はありません。

プッシュスタートボタンですが、日本車装着第1号は、1999年 ホンダS2000に装着されたものです。その後トヨタ セルシオへの広がり、現在は数多くの車種に装着されています。

プッシュスタートボタンを後付けするには何を購入すれば良いのか。

プッシュスタートボタンを後付けするには、どんなパーツを購入すれば良いのでしょうか。

プッシュスタートボタンを後付けするには、キットの購入が必要です。ひとつ問題になるのは、イグニッションキーでハンドルロックを掛けて盗難防止に備えていましたが、それができなくなるため車検適応になるかどうかという点です。

プッシュスタートボタンの後付けを高年式車でお考えの方は、管轄の陸運局に問い合わせてから設置することをお勧めします。改造と見なされれば復元作業が付帯します。後付けは、その点にご注意のほどを。

プッシュスタートボタンを後付けするにはどれくらいかかるのでしょうか。

プッシュスタートボタンの後付けするにはいくらぐらいかかるのでしょうか。

プッシュスタートボタンの後付けにかかる費用は、上記画像のトヨタ製で15,120円(税込)となっています。

プッシュスタートボタンの後付けで上記商品、ソニックスタート製でトヨタ製で10,500円、日産製で6,500円となります。取り付けには、ハンダ付けが必要となり個人で後付け装着するには困難なようです。

プッシュスタートボタンを後付けするにはどこに頼めば良いのでしょう。

プッシュスタートボタンを後付けするにはどこに依頼すれば良いのでしょうか。

プッシュスタートボタンを後付けするには、取り付け専門店を探すことをお勧めします。
後付け取り付けには、プロでも時間が掛かるようです。工賃は、イグニッションキーの車で50,000円以上はするようです。キーレスエントリー車でも40,000円以上は掛かります。

プッシュスタートボタンを後付けするには、部品と工賃で約70,000円程度となります。少し割高に感じますが、セキュリーティーや使い易さまたカッコ良さからすると妥当な価格なのでしょう。

まとめ

プッシュスタートボタンを後付けについて調べてみました。すでに装着済の車でもプッシュスタートボタンの交換やプッシュスタートボタン周りの装飾品も数多く発売されています。計器周りがおしゃれで仕上がると気分も高揚しますね。

プッシュスタートボタンを後付けするだけで随分雰囲気が変わります。あなたに合ったオリジナルのプッシュスタートボタンを後付けしてさあエンジンスタートさせてみましょう。

1

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ