トヨタ ハリアーのグリルを交換してイメージチェンジさせましょう。

トヨタ ハリアーのグリルを交換してイメージチェンジしましょう。トヨタ ハリアーのフロントグリルはノーマルでも精悍でありますが、社外品に変更したらどのようなフロントフォルムになるのでしょうか。グリルの種類も豊富にあるのでしょうか。

ハリアーのノーマルグリルはどのようなものでしょう。

ハリアーのノーマルグリルはどのような仕様になっているのでしょう。

ハリアーのノーマルグリルは画像のような縦型フィンタイプです。エンブレムがグリルセンターに配されています。ハリアーとは猛禽類チュウヒの英語名です。あのマークはチュウヒだったのです。

ハリアーのグリルはオプションでモデリスタを選ぶことができます。ハリアーのグリルが横型フィンタイプになり精悍さが増幅されます。

ハリアーG'sのグリルはモデリスタとはまた違う雰囲気になります。スパルタンなイメージがカッコ良さを強調しています。

ハリアーのグリルを変えてみたい。

ハリアーをスタイリッシュに仕上げるためにグリルを交換する方法があります。

ハリアーの純正グリルはプラスチックテイストでチープさを感じているユーザーも少なくないようです。しかしレーダークルーズコントロール装着車は、グリルにセンサー及びカメラが設置されていますがグリル交換は可能です。

ハリアーのグリルを交換するのであればどのタイプが良いのでしょうか。ハリアーをカスタムカーに仕上げるには、フロントビューが非常に大事になってきます。やはり慎重に選びたいものです。

ハリアーのグリルはどのようなタイプが人気があるのでしょう。

ハリアーのグリルを交換する場合、どのようなタイプが人気なのでしょうか。

インターネット通販ショップで人気商品を調べてみました。

ハリアーのグリルで人気商品は、『シルクブレイズ フロントグリル』です。横型フィンタイプでエンプレムなしのスタイルになります。塗装済、未塗装から選ぶことができ、カラーもとことん自分の好きなものを選ぶことができます。

ハリアーのグリルで次に人気商品は、『Grazio ハリアー(60系) SPORTDESIGN ツインブレード フロントグリル』です。エンブレムも配されることからトヨタ輸出仕様に見える風貌にすることができます。

ハリアーのグリルで三つ目の人気商品は、『SilkBlazeシルクブレイズ★フロントリップシリーズ 60系ハリアー フロントグリル』です。未塗装タイプですので好きな色に塗装できます。形状は、横フィンタイプです。

まだまだハリアーのグリル社外品は存在します。あなたの予算にあった好きなスタイルのグリルを選んで下さい。きっと街中で目立つこと間違いありません。

ハリアーのグリルはいくらぐらいするのでしょう。

ハリアーのグリルの価格はどれくらいするのでしょうか。

ハリアーの社外品グリルの価格は下記のようになります。
①シルクブレイズ フロントグリル・・・48,650円(税込)送料2,625円
②Grazio ハリアー(60系) SPORTDESIGN ツインブレード フロントグリル・・・61,777円(税込)送料2,700円
③SilkBlazeシルクブレイズ★フロントリップシリーズ 60系ハリアー フロントグリル・・・33,490円(税込)送料無料

ハリアーのグリル交換作業代金は、修理工場によって異なりますが3,000円くらいが相場のようです。但し未塗装グリルを塗装する場合、10,000円~30,000円の別途費用が掛かります。

ハリアーのグリル変更はフロントだけ?

ハリアーのリアグリル変更は可能なのでしょうか。

ハリアーのリアは、リアゲートクロームガーニッシュ に変更するパーツが販売されています。リアエンブレンムの交換も可能です。フロントグリルほど変更したインパクトはなさそうです、但し一般道を走行するときにリアを他車に見せることが多いので、こだわりを持たせたいものです。

まとめ

ハリアーのグリルについて調べてきました。ハリアーは、30系も人気でしたが新型60系も販売好調のようです。販売台数が多ければ社外品パーツも多くでてきます。これからもハリアーの社外品パーツに注目したいですね。そして社外品パーツを使用してオリジナルカスタムハリアーを完成させましょう。どのようなフォルムになるか楽しみですね。

1

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ